仮想通貨は副業になる?投資の基礎知識やリスクを知ろう

投資

仮想通貨という言葉が日本でも随分と浸透してきました。

その投資も急速に広まってきています。

有名どころでは、ビットコイン、イーサリアムにリップルといったところでしょうか。

 

2018年2月には、コインチェックから580億円に相当する仮想通貨が流出した問題もあり、大きく報道されました。

この問題で、被害を受けた人は26万人にも上っています。

この件で仮想通貨が一気に一般の人に知られた感じもあります。

 

その後も投資をしている人は後をたちません。

”億り人”と言われる人は仮想通貨で多額の利益を出している人、リスクもありそうだけど、実際には専業主婦や大学生も投資しているという、みじかな印象もある仮想通貨。

今回は、仮想通貨についてそのベーシックな情報、そして副業として考える際のメリットやリスクなどを紹介して参ります。

 

仮想通貨とはどんな通貨?

仮想通貨という言葉はよく聞くものの、実際にはどういったものなのかしっかり理解しましょう。

 

仮想通貨=インターネット上で使える、ズバリ「デジタル通貨」のことです。

 

ブロックチェーンや電子署名といった技術を組み合わせて成り立っていますが、仮想通貨は国家による価値の保証を持っていない電子的な通貨を指します。

一見、怪しげなイメージを抱く方もまだまだいらっしゃるかと思いますが、仮想通貨は日本政府によって定義がなされており、その存在は認められているということになります。

 

ちなみに良く耳にするビットコインとは、正体不明のナカモトサトシという経済学者による論文にて、最初に誕生した仮想通貨なのです。

 

仮想通貨と他のマネーとの違い

日本政府が発行主体の日本円、電子マネーのPASMOは首都圏の鉄道・バス事業者局の団体が発行主体です。

 

これらと比べて、仮想通貨は発行主体も管理団体もありません。

誰かが誰かと1対1のやり取りをし、それをみんなで監視し合うシステムなのです。

このため、1銀行や1団体など、特定のものを信頼する必要がなく、”分散型の通貨”と呼ばれています。

 

日本円の価値を疑う人はほとんどいないと思われますが、政府が信頼されない南米やアフリカの国では、ビットコインが決済手段のかなめとなっているという現実もあります。

 

また、それぞれの通貨間の交換についても仮想通貨はとても便利です。

例えば、円やドルといった法定通貨は電子マネーに交換可能です。

ところが、その逆、電子マネーを円などに交換することはできませんね。

その点、仮想通貨は法定通貨に交換することが可能なのです。

 

このように、国の情勢も左右する仮想通貨、今までにないユニークな通貨です。なんだか興味が湧いてきませんか?

さらに説明を続けましょう。

 

仮想通貨のメリットは“銀行手数料なし”

銀行を通しての送金は、銀行に手数料を支払って使用しています。

しかし、仮想通貨であれば、個人間で簡単に、かつ安い手数料で送金することが可能です。

このため、世界的に大きな広がりをみせているのです。

 

安い手数料で利用できる、インターネット上のデジタル通貨ということは分かりました。

それでは、それがどうやって投資になるのかをみていきましょう。

 

仮想通貨で稼ぐとは

仮想通貨の稼ぎ方は、常に起こる価格変動上での差額を得ることにあります。

差額で利益を得るというところは、FXと同様ですね。

FXってなに?という方はこちらの記事をご覧下さい。

仮想通貨は副業になる?投資の基礎知識やリスクを知ろう
仮想通貨という言葉が日本でも随分と浸透してきました。 その投資も急速に広まってきています。 有名どころでは、ビットコイン、イーサリアムにリップルといったところでしょうか。 2018年2月には、コインチェックから58...

 

通貨を選び、価格が安いときに「買い注文」、そして価格が高くなったら「売り注文」をする、またはその逆を行います。

企業に投資する株式よりも、仮想通貨の値動きは激しくなることが多いのですが、このような一般的な売買の他に、毎月一定の金額を仮想通貨に投資する「積立投資」もあります。

 

仮想通貨を売買するときの手順

それでは、実際の手順を紹介しましょう。

  1. 利用する販売所を決める
  2. 販売所のサイトから、専用の口座を開設する
  3. 登録すると、その後ハガキが送られてくる
  4. ハガキにあるパスワードを登録して、手続きが完了
  5. 銀行口座から開設した口座へ入金する
  6. 仮想通貨を購入
  7. 仮想通貨の売買を行い、投資する

これらも基本的にはFXの取引とあまり変わりません。元々FXで取引をした経験がある方はスムーズに適応できそうですね。

仮想通貨の取引所と販売所とは

円などで仮想通貨を買ったり、仮想通貨を売って円やドルに替えるところを「販売所」または「取引所」と呼びます。

この販売所と取引所ですが、インターネット上に存在します。

その違いは以下の通り。

販売所:仮想通貨交換業者から直接、仮想通貨を売買

取引所:個人間で直接の売買

仮想通貨交換業者による販売所ですが、それぞれ特徴があります。

例えば、

bitFlyer:買い物でビットコインを貯めることができる。取引量は最大

Zaif:ビットコインの積み立てができる。取引のたび、ボーナスがある

など、販売所の特徴がありますので、少額から預金積み立てができるなど、自分に合った販売所を見つけると良いでしょう。

セキュリティの高さも選ぶときの重要項目ですね。

 

販売所・取引所というのは売買の他、仮想通貨の価格をグラフで確認できたり、仮想通貨を貯めておき、財布代わりにしたりすることができる所です。

 

1件だけでなく複数利用している人も多いですが、これは基本的にリスクの分散です。

また、購入できる仮想通貨が限られてしまうのを避けたり、販売所の数だけ安く買える可能性・高く売れる可能性があるからなのです。

 

仮想通貨の将来性を見極めるポイント

しかし、仮想通貨ビギナーにとって、通貨の将来性を見極めるのは難しいですね。

そんな人へ、見極め4つのポイントを教えましょう。

  1. 知名度があるもの
  2. 時価総額と流通量を確認
  3. 実用性
  4. 信頼性

 

これらのポイントを考えながら、

「できるだけリスクが低く、価格が順調に上昇すると期待できる仮想通貨」に将来性があると言えます。

 

知名度といい、時価総額と流通量といい、ビットコインはやはり抜群です。

実店舗でもビットコイン決済を導入しているところが増えてきています。

この辺の事情を考えれば、将来性が高いと言えるでしょう。

 

仮想通貨でどれくらい稼げる?

ビットコインで1億円稼いだクリストファー・コッホ氏、5億円稼いだジャレット・ケンナ氏、17億円稼いだと言われるロジャー・バー氏など、世界には仮想通貨で大儲けした人がたくさんいます。

 

通常の貨幣は、足らなくなれば造幣しますが、仮想通貨においては追加はありません。

ですので、使う人が多くなればなるほど、価格が上昇するのです。

2009年10月に初めて価格が表示されたビットコインは、2013年11月に最高値を記録しましたが、これは4年で157倍の価値になったということです。

上述の3氏がこれだけ稼いだのは、こういった事情も関係しているわけです。

 

とは言え、仮想通貨をこれから副業にしてみようと考えている人にとっては、それほどの稼ぎは期待していないどころか、稼ぐことができるのかが問題ですね。

 

仮想通貨を副業にと考える前に、リスク面を考えてみましょう。

 

例えば、ビットコイン。

従来の貨幣よりはるかに優れた送金機能およびセキュリティシステムを兼ね備えた未来のお金と言ったらよいでしょうか。

これから、各国での法律等が整備され、世界中で利用者が増えていけば、、、と考えれば、仮想通貨に投資をしたくなる気持ちになりますね。

 

利用するまでの手順に少しだけ時間がかかりますが、その将来性を考えれば少額から仮想通貨に投資するのは多くの人にとって魅力があります。

しかし、ハイリスクハイリターンの要素が強い仮想通貨ですから、まずリスクを考慮しなくてはいけません。

 

仮想通貨のリスク

1ビットコイン(1BTC)は数万円のときもありますし、250万円まで上昇したことがある通り、値動きがとても大きいです。

一気に資産を失うリスクさえ考えられます。

 

・大暴落のリスク

株式のように、ストップ高やストップ安がないため、価格が落ちるときは止まることなく大暴落する可能性があります。

 

・取引所に仮想通貨を預けるリスク

取引所がハッキングに合った場合、その取引所に購入した仮想通貨を預けておくとその資産がなくなるリスクがあります。

 

・送金のときのリスクとパスワード紛失のリスク

送金する際には、預入アドレスを入力しますが、これを間違えると取り消しが効かず、通貨が消えてしまうリスクがあります。

そして、仮想ウォレットは自己責任です。

パスワードを忘れたり紛失しても誰も助けてくれません。

 

・国や政府からの規制リスク

今後、国や政府から仮想通貨の規制が入って禁止になれば、どんなに優れた通貨でも”無価値”になってしまうのです。

 

・送金詰まり問題

ビットコインは送金が早いというイメージがあるものの、使用ユーザが一気に増えたため、処理が追いついていない状態です。

送金してもなかなか着金しないうちに、価格が下がってしまうリスクがあります。

 

仮想通貨を副業にするメリット

上述の通り、リスクがある仮想通貨、それではどれほどの人が投資しているのでしょう。

2018年4月、金融庁が公開したデータによると、日本では約3,500,000人が利用、その年齢層は10代~80代と幅広い層となっています。

 

それでは副業としての仮想通貨のメリットをみていきましょう。

 

・少額から投資できる

例えば、ビットコインであれば1万円からの投資が可能です。

今後、成長していく可能性のある通貨を少額で投資を始められるのは、副業としてリスクが低いですね。

 

・インターネットがあればどこでもできる

セキュリティがしっかりしていることを前提に、自宅でもカフェなどでもインターネットがあれば、空き時間を利用してできます。

 

番外編:仮想通貨に詳しくなってアフィリエイトで稼ぐ

副業を推進する流れの日本。

仮想通貨を少額ででも始め体験し、この通貨について紹介しアフィリエイトで稼ぐ方法にも繋がります。

アフィリエイトってなに?という方は、こちらの「アフィリエイトとは?」で解説しています。

[getpost id=”127″]

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本業と並行して、低リスクで安定して稼ぐために副業を考える人にとっては、仮想通貨はギャンブルの要素が大きすぎるかもしれません。

ギャンブルであれば、一刻も早く仮想通貨の世界に飛び込まなければなりませんが、副業にその焦りは禁物ではないでしょうか。

 

それでも魅力的なので投資をしてみたいという人は、まずは、情報収集をして少額の通貨を購入、売買はあまり気にせず、仮想通貨の動きに慣れるくらいの気持ちでされるのがお勧めです。

 

タイトルとURLをコピーしました