在宅ネット副業!ドロップシッピングで、ネットショップオーナーになる

ドロップシッピング

ドロップシッピングといえばネットビジネスの一種で「聞いたことある!」という人もいるかもしれません。

しかし、実際どのような内容なのかは知らない人が多いようです。

ドロップシッピングとは、どのようなビジネスでしょうか?

ネットビジネスには間違いないけれど、みんなどんな風にドロップシッピングを副業として成り立たせているのか…。

そこでこの記事では、ドロップシッピングを取り上げたいと思います。

注意点も含め、どのような副業なのか、是非ご参考にしてください。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピング(=Drop Shipping)とはズバリ、商品を仕入れず、そしてまた在庫を持たずに、ネットショップをオープンできる取引方法の一種です。

そんなネット上のショップを持てるってすごいですよね?これだけでもドロップシッピングが十分に魅力的に感じられるのではないでしょうか。

ドロップシッピングの仕組み

さて、その仕組みはどうなっているのかというと…

ドロップシッピングの仕組み

①ドロップシッピングができるサイトに登録する

②サイトには色々な商品があるので、それを自由に選ぶ

③サイト上に自分のネットショップを作る

④販売価格を自分で決める→ここがポイント!

⑤商品の説明や情報を提供する

⑥商品を販売する

⑦商品の金額から仕入れ料金を引いた差額を、報酬として得る

簡単に説明すると上記のような流れになります。

商品が売れた場合、普通なら自分で在庫を確認し、梱包もおこない、納品書や請求書などの書類をまとめ、発送手続きをおこないます。
しかし、ドロップシッピングの場合は、商品が売れた時点で、ドロップシッピングサイトがメーカーや卸業者に連絡を取り、そのまま直接、購入した人に発送してくれるのです。つまり自分は何もしなくてもOKなんですね!しかも、商品の価格設定を自分で行うことが出来ます。(最低の販売価格や値上げの限界はあります。

通常のネットショップとドロップシッピングの仕入れの大きな違い

通常ネットショップ、また実店舗などでの販売では、

商品を仕入れる→商品の売り上げ→差額が利益

となります。

ドロップシッピングでは、

商品が売れる→”売れた時点”で商品を仕入れたことになる

=差額が利益

となります。

 

このように、売れた時点でその商品を仕入れたことになるドロップシッピングは、たくさんの商品の仕入れる仕入れ金がゼロであり、経済的なリスクが無いことが最大のメリットと言えます。

続けて、ドロップシッピングにおける他のメリットを確認しましょう。

︎ドロップシッピングのメリット6選

事前の仕入れが不要なドロップシッピングですが、もっと色々メリットがありますので、以下にまとめてみました。

 

メリット
・商品仕入れ先ルートを確保する必要がない
・仕入れ商品を在庫する必要、スペースを確保する必要がない
・仕入れ商品が売れないというリスクがない
・購入された商品を自分で梱包・発送する必要がない
・運送業者との契約が不要
・商品への問い合わせなどのサポートも、ドロップシッピングサービスプロバイダーがしてくれる場合がある
・価格の設定が自由

 

ビジネスをするにあたって、その仕入れ金や在庫の確保が不要であればリスクがなく、購入された商品は、ドロップシッピングサービスプロバイダーが、その在庫から商品を発送するので、あなた自身が発送で動く必要がないのは嬉しいポイントです。

このように、通常のビジネスにおいてはお金と労力がかかる部分が、ドロップシッピングではばっさりと省かれるのです。しかも、価格設定も制限があるとはいえ自分で設定できるのはすごいですよね。

では、次に実際にドロップシッピングで稼ぐにはどうすれば良いのか説明します。

ネット上のネットショップをオープンする

まずはドロップシッピングサービスを展開しているプロバイダーに登録し、サイトをオープンしないと始まりません。

ドロップシッピングサービスプロバイダーに登録するだけでは、商品を売ることになりません。商品を選んだらそれらを売るためのブログを作成し、自分のショップをオープンさせる必要があります。

それがドロップシッピングで副業をする人の、まず最初に行う準備ですね。商品があっても、それを売る場所をネット上に作る必要があるのです。

そして次の段階として、ブログでいかに集客をするかがメインの課題になっていきます。

少しアフィリエイトと共通する点もありますが、アフィリエイトは商品を紹介するだけですが、ドロップシッピングの場合は商品の販売まで自分たちで行います。
売れたときの喜びはアフィリエイト以上!と言われますが、よろしければアフィリエイトの記事も読んでみてください。

[getpost id=”266″]

いかに集客し、そしてどう利益を得るか

ブログを作ったら終わり。ではありません。当然のことながら、そこで自動的に売れていくわけではないのです。

売るための、あるいは売り続けていくための工夫・維持管理(メンテナンス)が必要となります。

ブログのデザインや商品の説明の仕方を工夫することも大事ですし、以下に特に意識したほうが良いポイントを記載しました。

集客についての心得
・人気の上がり下がりによって、商品の入れ替えを行う
・画像を多く使う
・売れ筋ランキングを載せる
・誰にどんなメリットがあるのかなど明確な商品説明をつける
・ページを頻繁に更新する
・SNSを活用する
・ブログランキングに登録する
・リスティング広告で集客する
・PPC広告にて検索上位に表示をさせる

<利益を得るための戦略>

売るためには、商品選びがキーポイントになります。

では、ドロップシッピングで利益を得るのはどんな商品を選べばよいのでしょう。

 

・売り上げランキングを参考に選ぶ

ランキング上位の商品を選べば、それを扱うショップ数も比例して多くなりますが、自分が好きだからとあまりにも人の目に留まらない商品を選んでも販売に結びつけていくのは難しいでしょう。

 

・利益額を考える

利益額が例えば、1商品につき2000円、3000円、もし5000円以上になればかなり良いでしょう。

それ以上に利益額が高いということは、商品価格も上がり、そのため売るハードルも上がりますから、副業をこれから始めようという人には、上述の範囲がお勧めです。

 

︎2大ドロップシッピングサービスプロバイダー

ここで、2つのドロップシッピングサービスプロバイダーを紹介しましょう。

 

①もしもドロップシッピング

国内最大手のドロップシッピングサービスプロバイダーです。

扱う商品は35万点以上、会員数は42万人(2015年)を超えています。

簡単に、しかも無料でネットショップを作れるツールが用意されているので、ドロップシッピングビギナーには取り掛かりやすいでしょう。

 

②通販素材

主に、家具・ベッド・ソファーなどを多く取り扱っています。

ドロップシッピングをしようと考えている人以外にも、寝具や家具を取り扱うネットショップが、商品点数を増やすために利用していることも多いドロップシッピングサービスプロバイダーです。

 

ドロップシッピングのデメリットを知っておこう

ここまではドロップシッピングの良いところを挙げてきましたが、逆にデメリットももちろんあります。

メリットを知ること同様、デメリットを知ることも副業として稼ぐにはとても大事なことですので、しっかりと把握しておきましょう。

 

デメリット
・在庫を持たず共有していることから、人気商品がすぐに品切れになる
・送料540円で高く、即日・翌日着がないため配送が遅い
・アマゾンなど会員登録している人がポイントを貯めていたり、クリック1つで買い物ができるのに比べ、他のサイトで購入する可能性は低い
・リスティング広告やPPC広告などに強くない場合、集客に苦労する
・仕入れはゼロではあるが、集客のためには広告費用がかかることを考えると、1商品の利益はなかなか出ない可能性がある

ここまでお読みいただいた人には、ドロップシッピングはリスク無しで始められそうだし、あとは集客を頑張り、商品を売るだけならマイナスにはならないだろう、とお思いかもしれません。

しかし、注意していただきたいことがあるのです。

ドロップシッピングをするにあたっての注意

ドロップシッピングは在庫を持たずにビジネスができるのがメリットですが、逆に商品が手元になければ、質問やクレームに応じることが難しいというデメリットがあります。

しかし、問題があればこれはドロップシッピングをしている人に対応が求められます。

 

次に、大量発注による割引の恩恵には預かれないところ。

ドロップシッピングでは、注文ごとに発注をするシステムであり、まとめて注文確認・発注作業ができず、この作業に追われる場合もあります。

 

最後に、返品。

ドロップシッピングサービスプロバイダーによっては、返品の場合に買い取りをしなければならないことがあります。

在庫のリスクはないものの、買い取り義務がある場合はかなりのリスクとなってしまいます。

【まとめ】ドロップシッピングは難易度が高いネット副業

無料で自分のショップを持てて、仕入れ・在庫管理・発送などの管理も不要というドロップシッピングに、これこそ自分に合う副業と多くの人が始めてみたいと思うのも自然でしょう。

 

高い報酬を得るには、広告などにお金をかける必要がでてきますから、ある程度の投資をしてでも面白そうと思える人、報酬はそれほどでもなくていいから自分のショップを気軽に持ってみたい人、様々な取り組み方があると思います。

 

ここでアマゾンなどのECサイトと比べてみましょう。

すでに個人登録をしているのでオーダーが簡単、なおかつ同じ商品がアマゾンや楽天で売られていたら、顧客が商品をアマゾンで買うか、あなたのショップで買うかは目に見えていますね。

配送に関しても、即日配送や送料無料のショッピングサイトのサービスと比べると、ドロップシッピングはまだまだという感じがあります。

 

加えて独自の販売促進をすることが禁止されている場合もあり、その場合は他のショップとの差別化をすることが難しいのです。

そういった意味では、ご自身の好きな商品が専門性を持つものであれば、そこを強みにして運営するのもひとつの手でしょう。

 

集客と効率のよい販売に集中すれば、良い副業となり得るのがドロップシッピングです。

誰にでもスタートできるネット副業ではありますが、副業であれば収入を得ることがメインですから、マーケティングをしっかりしないといかないわけです。

どちらにしても、ドロップシッピングで報酬を得るにはそれなりの勉強が必要と言えます。

 

稼げるのは運用次第、そこまでいきつくまでの難易度は少しハードルが高いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました