根気強い人に最適?テープ起こしでコツコツ副業!

headphones-tape お手軽副業

「テープ起こし」とは、ICレコーダーなどで録音された音声ファイルを聞き取って、その内容を文字化していく作業のことです。文字起こしは、テープ起こしの別名です。

会議、座談会、インタビューまたは講演会など、日本各地で毎日のように音声ファイルが録音されています。今後、人工知能(AI)を文字起こしに使っていくことが増える可能性はありますが、需要はまだまだあると言えるでしょう。

空いた時間の有効利用、小さなお子さんがいて外に働きにでれない主婦など、テープ起こし(文字起こし)は自宅でできる副業として人気が高いのです。

パソコンを使うことに拒否反応を持たず、自宅で何かしたいと考えている人には、テープ起こし(文字起こし)がオプションに入るのでしょう。

この記事では、必要とされるスキル、気になる報酬、仕事の探し方、そしてテープ起こし(文字起こし)に向いている人いない人など、様々な角度から文字起こしをご紹介してまいりましょう。

テープ起こし(文字起こし)が副業としてどうなのか、判断の助けになれば幸いです。

テープ起こし3種類の違いを理解しよう

一言、テープ起こしと言っても、3種類あることをご存知でしたか?さっそく、それぞれを説明していきましょう。

①素起こし
聞こえたままを一字一句、音声データから書き起こしていきます。裁判の記録やカウンセリングなど、正確な記録や証拠性が強い内容の文字起こしは、現場の雰囲気を細かく残したいため、素起こしで行われます。

②ケバ取り
テープ起こしの中で、最も需要のある方法です。意味の含まれない「あの~」や「え~」、言い淀みや言い間違いを削除しながら文字起こしします。座談会や会議など、ケバ取りをすると、文章がすっきりします。

③整文
すでに書き起こしされた文章を整える方法です。例えば、話し言葉では「いろんな」と言うところも、整文では「いろいろな」と直し、書き言葉にしていきます。

テープ起こしに必要とされる道具

自宅で手軽にできそうなテープ起こし。いざ始めようと考えている人が揃えるべき道具は何でしょう。

・パソコン
・ワープロソフト
・ネット環境
・ヘッドホンやイヤホン
・辞書
・音声ソフト

音声ソフトは音声の速度を調整するなど、入力しやすい状態に調整するもので、必須ではないもののあったほうがよいものです。無料のソフトもあります。

テープ起こしに必要とされる基本スキル

テープ起こしに必要な道具が分かったところで、では、テープ起こしに必要とされるスキルについて説明していきましょう。

・国語力
話し言葉を書き言葉にしていく作業ですので、やはり国語力が必要と言えるでしょう。前後の文脈や状況を理解することから適切な言葉へ書き起こしたり、またある程度の語集がなければ、テープ起こしに苦労するでしょう。

・一般常識
テープ起こしには、カジュアルな対談のようなものもありますが、企業の議事録やインタビューなど多くのものがあり、それらの理解を助けるために、社会人としての一般常識を身につけていることが必須でしょう。

・パスコンスキル
クライアントとのやり取り、そしてテープ起こしの作業の大半がパソコンを使用します。パソコン本体の基本操作、またメールや音声ソフト操作など、ある程度のパソコンスキルが必要とされます。

テープ起こしにかかる作業時間は?

基本スキルは上述の通りですが、テープ起こしのためにはタイピングがスムーズにできることが大変重要になってきます。

タイピングが正確で速ければ速いほど、時給換算が高くなります。タイピングに関して、ローマ字入力より、カナ入力のほうが速度があがるなどのコツもあります。

60分の音声を文字起こしする場合にかかる作業時間は?
経験者→3~6時間
未経験者→経験者より途中で音声を止め何度も聞き直すため、それ以上。8時間以上かかる人もいます。

このようにテープ起こしの作業に慣れる、そしてタイピングのスピードアップが報酬にも大きく影響します。

自分がテープ起こしの副業に適しているか、無料トライアル文字起こし技能テストというものがあります。一度、お試しになることをお勧めします。

資格取得で有利に仕事を受注する

テープ起こしの副業をスタートするにあたって、特別な資格は不要です。しかし、お手軽な副業ほど、競争率が高くなるのは世の常。

仕事を受注を有利にするには、以下のような資格を取得するのもひとつの手です。

・文字起こし技能テスト(録音された音声を文字におこす技能を測定。1000点満点のスコア制)
・テープ起こし技術者資格(知識や技術に加え、職業倫理や一般常識など)

テープ起こしは稼げる?報酬の相場は?

テープ起こしの仕事を副業でするには、主に以下の方法があります。

①フリーで仕事を受注する
フリーで文字起こしをする場合、 60分の音声の場合、10,000円~20,000円が相場 となっています。 経験者が4時間で作業をするとして、時給換算で2,500円~5,000円程度 となります。

しかし、打ち合わせがあったとしてもそこに報酬は発生しないので、全体にかかる時間を考えたときはこれより低い時給になると理解するのが良いでしょう。

②クラウドソーシングやSOHOサイトに登録し、受注する
クラウドソーシング上には、テープ起こしの仕事が募集されています。相場の例として、 60分の文字起こしが4,800円、4時間の作業で終えたとしたときの時給が1,200円 です。

しかし、クラウドソーシングを利用する場合は、一般的に20%程度のマージンを払わなければなりませんので、実際の手取りは約3,800円、時給は950円となります。

自宅でできる似た副業でデータ入力がありますが、テープ起こしは基本的にデータ入力より報酬が高いのが一般的です。

考慮すべきポイントは、文字を見て文字を入力するデータ入力と違って、テープ起こしの音声ファイルには発音が不明瞭で、何度も繰り返して聞かなければならない、または聞きなれない専門用語が入ってきて、その業界などの知識を勉強しなければならない、などの場合があるというところです。

複数で行われた対談で、全員が同姓の場合、誰がどの発言をしたのか聞き分けるのに苦労したという話も聞きます。かける時間が長くなればなるほど、時給が低くなっていきます。

クラウドソーシングに関しては以下の記事に詳しく書いています。

クラウドソーシングで稼ぐ!
クラウドソーシングサービスって? クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面...

根気が肝心のテープ起こし

テープ起こしなら、パソコンさえあれば自宅でできるお気軽副業だと思うと、それがそれほど簡単なものではないという現実にガッカリすることもあるでしょう。

何事にも慣れは必要ですが、文字起こしこそ慣れるまでの根気、そして努力が必要とされます。家族がいる人にとっては、自宅でできる副業と言っても静かな環境下で作業をしたほうが良いテープ起こしは、どんな時間帯に作業時間をレギュラーに確保するかも課題でしょう。

このようなポイントを考えると、すぐにでも収入をと考える人、自宅でできるから簡単そうと気楽に考えすぎる人には向かない副業と言えるかもしれません。

逆に、作業に慣れるまでの忍耐強さを持っていたり、クライアントとのやり取りが苦痛でない人こそ、テープ起こしに向いていると言えます。あなたにとってはお小遣い稼ぎでも、クライアントにとっては業務。

クライアントの期待に添える仕上がりにしていくためには、とにかく数をこなすのが一番です。文字起こしに慣れてきて、スピードもアップ、さらに単なる受け身でなく話の面白さなどを引き出しているテープ起こしができたとき、クライアントと良い関係を築き、そして継続の依頼をもらうことも可能でしょう。ひとつひとつのテープ起こしを完成させていく達成感も得られます。

このように、副業にテープ起こしというのは、自宅にパソコンがあれば空き時間を利用して気軽にできる、というお気軽な副業ではなさそうです。じっくり向き合えるようであれば、まずは無料文字起こし技能テストを受けてみるのは良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました