稼ぐ!「輸出・輸入ビジネス」

転売

海外市場と日本市場の価格の差を利益としたビジネスを輸出・輸入ビジネスといいます。

こちらもせどり同様、転売の一種のことで、何らかの商品を仕入れて、その仕入れ値以上の金額で販売するという流れには違いありません。

ただ、「輸出・輸入」なので、仕入先・販売先が海外の市場になるという点が、一番大きな違い・ポイントになります。

 以下の2つが輸出・輸入でよく使われるメジャーな方法です。 

 

【amazon輸出・輸入】

海外のアマゾンサイトで商品を仕入れ、販売すること。

【ebay輸出・輸入】

世界最大のオークションサイトで商品を仕入れ、販売することです。

 

輸入の流れ

 

輸出・輸入ビジネスの主な仕入先・販売先というと、上記のようにamazonやebayが有名ですね。

以下、例としてamazonを利用しての輸入の流れをまとめてみました。

 

①海外(amazon,ebay)から商品を買付け。

②買付先から※転送業者に商品が発送される。

③買付した商品を自宅に出荷

④商品が自宅に到着。

⑤到着した商品の検品と梱包をして、※amazonのFBA倉庫に納品

⑥お客さんが、商品を購入

⑦amazon倉庫から商品が発送される

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転送業者とは?

海外のネットショップから商品を購入した場合、日本に直送してくれないケースが多々あります。そんな時に転送業者を利用することで転送会社経由で仕入れることが可能となります。

amazonのFBA倉庫とは?

せどりの記事でも紹介しましたが、

「FBAとは、フルフィルメントサービス by Amazon」

のことで、略して FBAと呼ばれています。

 

今までは、「仕入れ・出品・在庫保管・梱包・発送」という作業がかなり面倒で、実際に一人で行うとなると限界があり、相当大変とされてきました。

 

自分以外にもスタッフがいない限り、大量の商品を扱うことが出来なかったのです。

 

しかし、amazonのFBA倉庫というサービスによって、出品している商品がamazonの倉庫に保管でき、商品が売れた場合にも梱包も発送もすべてamazonがやってくれるのです。

 

つまり、在庫保管場所に困ることも無くなり、商品が売れたらamazonのスタッフが、梱包、発送してくれるので、かなり負担が減ったわけです。

 コレはすごく助かりますよ。。。 

無在庫販売について~無在庫ってなに??

輸出・輸入に限らずですが、転売関係では無在庫という言葉に頻繁に出くわすと思います。

その無在庫に関してですが、一言で言うと、「売れてから仕入れること」です。

 

この方法だと仕入れの際に、先にお金がかからないので、資金がゼロの状態でも始められます。

ネットとはいえ、海外のショップが絡んでくるので、輸入・輸出に関する法律・関税や消費税など、チェックしておくべき項目は多いかもしれません。

仕入れた商品や、発送したはずの商品の紛失などトラブルも多々あります。そのため、国内だけで完結するせどりなどと比べると難易度は少し高いかもしれません。

 

メリット(輸出)
・日本の商品を紹介、売ることが出来る

・市場が広い

・時間、場所に制限されない

・結果が出やすい

デメリット(輸出)
・英語ができないと商品説明が書けない

・円高になると利益が少なくなる

 

メリット(輸入)
・海外の方が安いブランド品が多い ・時間、場所に制限されない ・結果が出やすい
デメリット(輸入)
・ある程度の英語の読解力が必要

・不良品が送られてくることがある

タイトルとURLをコピーしました