英語を使う副業は?グローバル時代におすすめの副業3選

英語を使う副業 未分類

英語を業務などで日常的に使っている人、留学経験のある人、得意な英語を使って何か副業ができないものかと思いませんか?

年々あがっている英語の必要性を考えれば、当然です。なぜ英語が必要とされているのかと言えば、それは世界の共通語だからです。

2018年から始まった小学校での英語教育改革は子ども達が小さい時期から英語に親しむことを目的としています。それに伴い、多くの親が子どものために英語の環境を与えるためお金を使う時代になりました。

またTOIECを運営する一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会「上場企業における英語活用実態調査」報告書(2013年)によれば、75%もの企業が業務で英語を使用していることが分かりました。

日本全体で英語の需要がますます高くなっていることが分かりますね。英語を得意としているあなたは、すでに有利な状況にいるのです。有利な状況にいることを活かして、得意な英語で稼ぐ機会はかなりありそうです。

今回は、英語が得意な人におすすめの副業3選です。リスク無しプラスキャリアアップにつながる副業をご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

フリーランス翻訳

フリーランス翻訳

英語を使う仕事と言えば、昔も今も「翻訳」です。日本語から英語へ訳す「日英翻訳」、また英語から日本語へ訳す「英日翻訳」は、英語関連の仕事の中でも大変需要の高い仕事です。

翻訳の仕事とは?

翻訳には、以下のようにいくつかの種類があります。

実務翻訳

扱う文書が多種多様であることから、翻訳市場の90%を占めるとも言われるのが実務翻訳です。翻訳者は、専門性そして的確な表現ができることが求められます。多くの翻訳者が翻訳会社を通して仕事を請け負います。

主なジャンルを紹介しましょう。

  • メディカル翻訳
  • 特許翻訳
  • 金融翻訳
  • IT翻訳
  • 技術翻訳
  • 環境翻訳

実務翻訳者として成功する秘訣のひとつは、このような専門性の高いジャンルから得意な専門分野を持つことです。

出版翻訳

海外で出版された書籍を日本語に翻訳したり、日本で出版された書籍を英語に翻訳します。

ただ英日・日英と言葉を変えるだけでなく例えば、小説であれば作家の世界観をどう読者に伝えるか意訳する、事実関係を自ら確認するなどの作業が必須となります。

仕事の発注元は出版社ですが、編集プロダクションというエージェントが介入する場合もあります。

映像翻訳

字幕翻訳そして吹き替え翻訳があり、海外の映画またはテレビ番組など映像に関わる翻訳をします。戸田奈津子さんは有名ですよね。

英語力だけでなく、舞台になる国の文化に精通している必要もあります。

翻訳副業がおすすめの理由

本業のかたわらでする副業としての翻訳は、そのモバイル性こそ翻訳副業がおすすめできる最大の理由となります。

ネットの普及により、パソコンがあればいつでもどこでも作業ができ副業には大変メリットになりますからね。

そして、そのモバイル性に加えて報酬も見逃せません。もし専門性を持っていて英語が得意であればかなり稼げます。

フリーランス翻訳者になるには?

翻訳の仕事をするのに、資格は必要ありません。「ほんやく検定」や「JTA公認翻訳専門職資格試験」という民間の資格はありますがあまり意味はありません。

もちろん試験合格に向けて勉強する中で、翻訳スキルが高まったり自分の能力を客観的に認識する助けにはなりますので挑戦してもいいとは思いますが、有意性はほぼありません。

では翻訳者のスキルをどうやってみているかというと多くの場合がTOEICの実績です。TOEICは700点以上、できれば800点以上はないと厳しいかもしれません。

あとは大学の英文科出身や外国語大学出身の人も優位なのは間違いありません。

翻訳会社と契約

フリーランスの翻訳者として活動する場合に多いのが、翻訳会社の課題のトライアルをクリアして翻訳者として登録される形です。

翻訳会社を通じて企業や団体からの翻訳依頼を受けることが一般的です。

翻訳の仕事が未経験の人や、まだ自分の専門分野を決められない人にはお勧めです。

クラウドソーシングに登録

ネット時代ならではのビジネス・クラウドソーシングであれば、英語記事、機密保持契約書、ゲーム、仮想通貨など、様々な分野の翻訳が募集されています。クラウドソーシング2大大手は、クラウドワークスと、ランサーズです。

クライアントやプロジェクトを自分で選ぶ点、またあまり専門的な知識が必要でない未経験OKな翻訳もあり、初心者にも始めやすいのがメリットでしょう。

翻訳副業でいくら稼げる?

翻訳は稼げるとお話ししましたが、実際にはどのくらいが見込めるのかみていきます。

実績そして専門分野で報酬にも違いがでるため一概には言えませんが、ここでクラウドワークスで翻訳する場合をみてみましょう。

プロの翻訳家が1日に翻訳する文字数は、2,000文字x10円 (1文字)であり、20,000円が見込めます。

副業として、月に5日稼働した場合は10万円になります。さらにクライアントが仕事を認めると、継続的に依頼されることもありますので安定した稼ぎになっていく可能性も高いのです。

医療や特許など専門性の高いものだと、これ以上の稼ぎも期待できます。

翻訳副業に向いている人

副業で翻訳をやるのに向いている人は次のような人です。

  • 専門分野を持っている人
  • TOIEC700点以上保持者
  • 向上心のある人
  • 時間管理の上手な人
  • 根気のある人
  • クライアントやコーディネイターと円滑なコミュニケーションが取れる人

英語を使う仕事で翻訳ときたら、通訳ですね。次は、クラウド通訳の紹介です。

クラウド通訳

クラウド通訳

ある言語から異なる言語へと変換する通訳。スポーツ選手やハリウッドスターが来日したときに活躍していますよね。

通常、通訳は実際に現場に行かなければならず、自分の動ける範囲などを考えると副業として本業と両立させることが難しい部分がありました。

そんな中、現場に行かずオンラインで通訳ができるようになりました。それがクラウド通訳です。

クラウド通訳とはどんな仕事なのかご紹介いたします。

クラウド通訳の仕事とは?

クラウド通訳はスマホやタブレットなどの端末を利用し、ビデオ電話によって行われる通訳です。2017年1月23日、株式会社ケイ・オプティコムが有料のトライアルサービスとして開始しました。

例えば、洋服屋や飲食店、または観光地などで外国人が来店しても英語ができるスタッフが誰もいなく、どうやって対応していいか分からず困っているという企業もいます。

そんなとき、クラウド通訳を利用することで、訪日外国人の増加に伴う言葉の壁というインバウンド観光の課題をも解決できるサービスです。地方の観光地でも人材を確保できるなどのメリットがあります。

クラウド通訳副業がおすすめの理由

クラウド通訳はオンラインでできますし仕事時間もピンポイントで短時間でできるので、非常に副業に向いています。

今後、東京オリンピックもありますし、さらに需要は出てくると思いますので可能性は未知数です。

クラウド通訳者になるには?

クラウド通訳で副業をするには、まず審査を受けます。審査に通ると”通訳さん”として稼働開始です。

クラウド通訳副業でいくら稼げる?

クラウド通訳は普通の通訳を雇うより費用が安く済む、インバウンド観光での必要性からか、今後も市場は拡大されていく可能性があります。

1回あたり15,000円稼げるケースもあります。現場に移動をせずにこれだけ稼げるのならとても高収入になりますね。

クラウド通訳副業に向いている人

クラウド通訳の副業には次のような人が向いています。

  • TOIEC800点以上保持者
  • コミュニケーション能力のある人
  • 責任感のある人

オンライン英会話講師

オンライン英会話講師

三菱UFJリサーチ&コンサルティング「オンラインレッスンの動向整理」(2017年3月)によると、オンラインレッスンで習ったことのある分野は、各年代とも「英語」が60%~80%で最多です。

自宅にいながら低価格でレッスンを受けられるメリットからそのサービスも市場も比例して拡大しています。

そのオンライン英会話スクールの講師が副業として注目を浴びています。

オンライン英会話講師の仕事とは?

オンライン英会話講師の仕事は、子供から大人まで、フリートークからビジネス英語までとオンライン英会話スクールがカバーするエリアは広範です。

受講生から予約が入ったら、スカイプを利用して英語のレッスンを行います。

日本人講師であれば、日本人が不得手なエリアが分かっているので外国人講師と合わせて利用する受講者はかなりいるため副業になります。

オンライン英会話講師副業がおすすめの理由

オンライン英会話講師が副業でおすすめの理由は24時間365日できること。自分で働く時間を決めれるので、隙間時間にいつでも稼ぐことが可能です。

得意な英語をさらに上達でき、教える技術も身につくので、副業どころか英会話講師として起業の可能性も広がります。

オンライン英会話講師になるには?

オンライン英会話講師になるには、各オンライン英会話スクールのウェブサイトから、講師登録をしましょう。履歴書を送った後に連絡がきますのでスカイプで面接を受けます。この際、模擬レッスンが行われます。

採用されると、自分のプロフィールや提供するレッスン内容などがウェブサイトに載ります。

オンライン英会話講師副業でいくら稼げる?

オンライン英会話講師はパソコン、スマホやタブレットとネット環境さえあれば、会社から戻った後でも週末でもできる副業です。

いくらくらい稼げるのかというと、だいたい時給1,000円~1,400円が相場です。

1,400円x2人x週末8日間=22,400円

または、

1,400円x1人x平日20日間=28,000円

を最低ラインに考え安定させていけばまとまった稼ぎになりますね。

経験とともにランクアップ制が用意されている英会話スクールもあります。

オンライン英会話講師副業に向いている人

オンライン英会話講師の副業に向いている人は以下のような人です。

・TOIEC850点以上保持者
・コミュニケーション能力のある人
・家庭教師など教えた経験のある人
・海外での居住経験がある人

英語が得意な人におすすめの副業まとめ

英語が得意な人におすすめの副業を3つご紹介いたしました。

  • フリーランス翻訳
  • クラウド通訳
  • オンライン英会話講師

英語を活かせる副業3選はどれも初期投資などのリスクがない上に、在宅や空いている時間の有効利用でできる副業です。

経験の無い人でも、英文記事を書いたり、該当条件に当てはまらなくても初心者に英語を教えたいという人の応募を受けつけるスクールもあります。

得意な英語を活かす副業は、英語力の需要を有利に活かせます。また、やればやっただけ英語力がさらに上がる保証付きでキャリアアップにもつながることから大変オススメです!

タイトルとURLをコピーしました