高収入副業!治験ってどんな仕事?

お手軽副業
治験の副業バロメーター

ここでは副業としては定番、そして手軽で高収入として有名な治験のアルバイトについて説明していきます。

治験は、インターネットを使わない副業のひとつ。正直言って技術も知識も能力も必要ない、かなりお手軽なお仕事です。

ただし、取り組む際の注意点などもありますので、しっかり確認しておきましょう。

治験ってどんな仕事?

市場には様々なお薬が出回っていますが、当然、すべてのお薬は安全が確認されなくては販売することができません。

様々な実験やデータを用いて安全を確認するのはもちろんですが、やはり本当の意味で安全かどうかは、実際に人間に試してもらう他ありません。人間が試しても異常が無かったと確認されて始めて人間が服用しても良いお薬となるわけです。まさにそれを試すのが治験なのです。

副業として取り組むからには、やはりある程度時間において柔軟性が必要になりますよね。また、所要時間の割に高収入であることも副業としては重要な指標の一つとなります。従って、飲食店やコンビニでのアルバイトなどは副業には本来向いていないわけです。

しかし、治験は副業として稼ぐには、もってこいなのです。治験が副業に適している理由として、まず治験の募集が豊富にあるため、自分の好きなものを好きな時に選ぶことが出来る点です。通院だけで終わるものもありますし、日数的に余裕がある場合には入院をする治験もります。通院の場合でも入院をする場合でも普通のアルバイトなどに比べると稼げる額は大きいです。

 

治験の特徴

治験の最大の特徴であり、そして魅力なのがやはり圧倒的に楽であるということです。

基本的に検査をしたり、薬を飲んだりする以外にやることが無いので、楽して稼ぎたい人にはもってこいです。入院をする場合も時間を潰すために娯楽用品が用意されている場合が多いので、入院中でも暇に感じることもない為安心です。ごろごろしながらお金が舞い込んでこないかな~なんて考えたことがある人も多いと思いますが、まさに治験がそれに当たるというわけです。

通院の場合は自宅から通うことが出来ますし、本業の仕事が終わってから通うことが出来るものも数多くあるため、自分のライフスタイルに合わせて副業を行うことが出来ます。

副業をする上で、ネットビジネスのように自分でなにかを構築したり在庫を持つ必要もないのでそういった面でのリスクは全くありません。また、会社にバレるケースも少なく、バレてしまったとしてもアルバイトをしている訳ではないので、副業とみなされない可能性も高くなります。副業禁止の企業でもわりと気楽に取り組めるはずです。

 

治験はあくまでボランティア

先ほどから副業といっていますが、頭に入れておきたいのが、治験は仕事ではなくあくまでボランティアであるということです。

ボランティアであればお金がもらえないことになってしまいますが、確かに“治験をしたことによる報酬”はもらえません。ただし、治験の場合「負担軽減費」という名目でお金をもらうことできるのです。この負担軽減費とは、その名の通り、様々な負担を軽減するためのもので、精神的負担、交通費などを軽減するために支給されます。

この支給額は、一般的に1回につき7,000円~10,000円程度とされています。とくになにか作業を強いられることなく、これだけのお金が手に入ると思えば魅力に感じる人もいるのではないでしょうか。

 

治験の仕事内容

通常、治験を行う場合には募集をしているホームページに登録をする必要があり、登録をした後は健康診断を行います。健康診断の結果によって受けることが出来る物が限定される事もありますので注意が必要です。健康診断をするだけでも費用を出してくれる所もありますので、出来るだけ多くのホームページに登録をしておくとそれだけ稼ぐチャンスも増えてきます。

次に入院をする場合ですが、食事も全て用意してくれるので、入院中は食費も節約できて一石二鳥です。

しかし、食費を浮かすことが出来る代わりに入院中の食事に関して食事制限をされてしまうので、何でも好きなものを食べることが出来るわけではありません。食事をしている時間をはかられたり、分量をはかられたりもするので、その際は少し不便に感じるかもしれませんが、これでお金がもらえると思えば楽でしょう。

他にもアルバイトとは違うので、労働をさせられるわけではありませんが、検査の為に運動をさせられる事もある、という点です。運動前と運動後で検査結果に違いが出るか確認をされることになりますので、それらに従う必要があります。

場合によっては24時間血圧を測る測定器をつけられる等の検査もありますので、参加するものを選ぶ際はよく確認しましょう。ちなみに基本的には、労力の大きい検査ほど報酬が高い傾向があります。また、当然日数が長いほど、報酬は高くなります。但し、一度受けてしまうと連続で受けることが出来ない場合が多いので注意が必要です。

一度参加すると次に参加ができるようになるまでは、ある程度の期間を空ける必要があります。空ける期間に関しては登録をする所によっても異なりますので、確認をしておくと安心です。

まとめると、治験で行うことは以下のようになります。

  • 身体検査
  • 検査薬の摂取
  • 決まった食事を摂取
  • 運動
  • 血圧の測定

 

治験をはじめるには?

 

 

ちょっと変わった治験も?

最近では海外で行う物も出てきており、日本で行うものに比べると高額な報酬を期待出来ます。海外で入院をする場合は自由時間も設けられていることが多いので、空き時間に観光することも可能です。海外旅行を楽しみながらお金を稼げるということで人気を博しています。

交通費などに関しても負担をしてもらえることが多いので、自分で費用を支払う必要もありません。ただしやはり通常の治験と比べると日数を要するので副業に向いているかといわれると微妙なところ。

他にも通院や入院だけではなく、自宅で試験薬を飲むような物も存在します。自分で記録をつけていくだけで最後にその結果を郵送するものや病院まで行って提出をする物など様々です。自宅で行うことが出来るので、通院や入院に比べても手間がかかりません。その分、貰える金額は低くなりますが、より副業として取り組みやすい形式です。

 

治験のデメリット

やはり一番のデメリットは、薬の服用によるリスクがあるということです。

治験で利用される薬は当然、安全が確認されているものばかりですが、異常が起きる可能性もゼロではありません。また、薬ですので当然副作用があります。薬による副作用は様々ですが、それらに耐える必要があります。これこそ高収入が約束されている理由ではありますが。

次に挙げられるのが安定性がないことでしょう。完全に治験の募集に左右されるので安定的に収入を得られるものではありませんし、スキルアップが望めるものではありません。あくまでお小遣いを稼ぐ程度に考えておきましょう。

それでもやはり他の仕事に比べればおいしいことに間違いはありませんので、楽して稼ぎたい人は検討してみてはいかがでしょう。ほとんどの場合は当日に手渡しで頂ける所が多いので、直ぐに現金が欲しい方にもおすすめです。

銀行振込の所もありますが、手渡しの所が多く、登録をする所によっても違います。出来るだけ早く現金が欲しいと考えている場合手渡しをメインにしている所をホームページで見つけて登録をしておくと安心して稼ぐことが出来るのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました