PPCアフィリエイトとは?

アフィリエイト
PPCアフィリエイトの副業バロメーター

数あるネット副業の中でも人気のアフィリエイト。アフィリエイトとは、端的にいうと、広告収入を得て稼ぐ手法の一つであり、自分のサイトを運営して、商品を紹介し、成約に結びつけることで広告主からフィーをもらうことが出来るという仕組みです。

このアフィリエイトの中では、いくつかの種類があり、当ページでは、PPCアフィリエイトについてご紹介しています。

アフィリエイトとはなにか?はこちらのページで詳しく解説しています。

[getpost id=”127″]

以前に上記の記事でもご紹介したSEOアフィリエイトと、双璧を成すPPCアフィリエイトとはどんなものなのでしょうか?

PPCとは?

PPCアフィリエイトを説明する前にまずは、PPCとはなにか?を理解する必要があります。

PPCとは、Pay Per Clickの略称で、意味としては「クリック毎に支払う」ということになります。つまりクリック課金型の広告という意味になります。

ネット広告の中には色々の種類がありますが、その一つにクリック課金型広告という形式があります。クリック課金型ということは、クリックされたときに初めて料金が発生するシステムです。つまり掲載するだけなら無料でできるという特徴があります。

PPC広告のメリット

PPC広告は、クリックされたタイミングで初めて広告費が発生する仕組みなため、広告文面である程度見込み客を絞って余計な広告費を抑えることができます。

通常の広告であれば、掲載のタイミングで広告費が発生します。それはつまり広告の効果に関わらず一定のコストを支払うことを強いられることになります。PPC広告の場合は、クリックされてページにアクセスがあって初めて広告費が発生するので、広告効果が保障されているともいえるのです。

街頭の広告をイメージするとわかりやすいですが、広告を1週間掲載して、仮にその間に誰一人その広告を見なかったとしても1週間分の掲載料は支払わなければいけません。PPC広告の場合は、広告が見られたときにだけ費用が請求されるようなものなのです。

実際のPPC広告

さて、PPC広告の仕組みがわかったところで、いったいPPC広告はどんな広告なのかがわからない方も中にはいるかもしれません。

しかしPPC広告をはじめて聞いたという方でもPPC広告を目にしたことはきっとあるはずです。というのもネット上にある広告の多くはこのPPC広告というものだからです。

代表的なPPC広告でいうと、検索エンジンのGoogleとYahoo!が運営するPPC広告です。これがどこに配信されているかというと、ずばりYahoo!とGoolgeの検索結果。

右側に小さく「広告」と表示されているのがPPC広告です。このように検索結果の一番上に表示されています。しかしこんなに目立つとろこにありながら、掲載するだけなら無料。クリックされない限りコストは一切かからないのです。

この便利なPPC広告を使って集客してアフィリエイトをするのがPPCアフィリエイトなのです。

PPC広告にも種類がある?

PPC広告にもたくさんの種類があります。

上図で紹介したPPC広告は、その中でも検索連動型広告と呼ばれるもので、検索結果にのみ表示される広告形式です。最もメジャーなPPC広告の一つですが、それと対を成すのがディスプレイ広告というもの。こちらもYahoo!、Googleなど様々なプラットフォームで用いられている広告形式であり、誰でも一度は目にしたことがあるはずです。

例えばこちらの画像で表示されているのもディスプレイ広告です。

これは、Yahoo!が展開するYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)というディスプレイ広告。Yahoo!が運営するメディアや提携メディアに掲載されるPPC広告です。

これに対して、Googleの提携しているメディアで表示されているのがGDN(Googleディスプレイアドネットワーク)です。

こちらは、検索連動型広告に比べて圧倒的な配信規模を誇り、アフィリエイトにも広く使われています。

SEOアフィリエイトとの違い

さて、ここでSEOアフィリエイトとPPCアフィリエイトの違いについて説明します。

一番大きな違いは、PPCアフィリエイトには、ランニングコストがかかるということでしょう。SEOの場合は、ドメイン代、サーバー代などの諸費用はかかるものの広告費は一切かかりません。それに対し、PPCアフィリエイトでは、アクセスがあるたびに広告費が発生します。アクセスを購入しているというイメージに近いかもしれません。

これだけを聞くと、SEOのほうが圧倒的に有利なように思えますが、PPCアフィリエイトにもメリットがあります。

PPCアフィリエイトのメリット・SEOアフィリエイトのデメリット

お金がかかるので初心者からは敬遠されがちなPPCアフィリエイトですが、SEOには無いメリットも多数あります。それは、言い換えればSEOアフィリエイトの弱点を克服したメリットともいえます。

SEOアフィリエイトの最大のデメリットであり、初心者が挫折してしまう要因でもあるのが、結果が出るまでに時間がかかるという点です。

SEOは、月日をかけてゆっくりと検索結果の上位を目指していきますが、それまではアクセスもほとんどなく売上も当然出ません。そのため、初心者からすればモチベーションを保つのが困難になり挫折につながりやすいのです。

一番恐ろしいのが、上位に表示されたのにアクセスが無い・成果が発生しない、というケースです。時間をかけたにも関わらず無駄な作業をしていたということが最後にわかればその落胆は計り知れません。しかしそれがありうるのがSEOアフィリエイトでもあります。

SEOアフィリエイトでは、良い結果であれ、悪い結果であれ、それが見えるまでに時間がかかります。

一方でPPCアフィリエイトの場合は、コストがかかる代わりにすぐに結果を知ることが出来ます。配信をスタートすればその日のうちにユーザーを呼び込むことも可能なのです。本来一年かかることを一日でできると考えれば非常に魅力的ですよね。

また、配信した結果が悪かったとしても、それもすぐに知ることが出来るので、すばやく修正することも可能です。これはビジネスとして取り組む上では、極めて重要な要素だといえます。

PPCアフィリエイトの基本の考え方

PPCアフィリエイトの考え方は至ってシンプルで、「コスト<アフィリエイト報酬」となれば良いのです。極端ですが、1円でも利益が出ればPPCアフィリエイトは回し続けたほうが良いということです。

ここで重要となってくるのが案件選びです。アフィリエイトには様々な案件があります。報酬も1円のものから数万円のものまで幅広いです。しかしSEOと異なりコストがかかる分、PPCアフィリエイトでは、報酬が安いほど難易度が増してきます。何故なら報酬を下回るコストで成果を出し続けなければならないからです。

1件のアフィリエイト報酬が3,000円の案件であれば、広告費を3,000円使う前に1件成約させなければなりません。1クリックに50円のコストをかけた場合、60人に一人は成約させないと赤字になる計算です。

一方、1件のアフィリエイト報酬が10,000円であれば、10,000円を使う前に1件成約させれば良いので、200人に一人が成約すれば赤字になりません(利益もありませんが)。

このように、PPCアフィリエイトでは、取り組む案件の報酬がより重要になってくるのです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました